アートメイクコラム

アートメイクのアフターケアはどうする?施術後のアフターケアのコツまとめ

ノーメイク美人になれる「眉」や「アイライン」「リップ」のアートメイク。

実はその仕上がりは、きちんとしたアフターケアで決まってしまうってことをご存知でしたか?

「アートメイク施術後に、洗顔やお風呂で濡れても大丈夫?」

「アートメイクで失敗したくない」

「確実なアフターケアのコツが知りたい」

こんな悩みを持つ方必見です!

今回はアートメイクを施術する前にぜひ知っておきたいアートメイクをキープするために必要なアフターケアのポイントについてご紹介していきます。

これからアートメイクを検討している方にはアートメイクのおすすめクリニックもご紹介していますので、ぜひ公式サイトも合わせてチェックしてみてください。

アートメイクなら全国展開のメディカルブロー

【アートメイク】メディカルブローなら全国展開ですのでとても通いやすいです!

 

メディカルブローでは「6Dストローク」という新技術を用いた施術が受けられるのが最大の特徴です。

さらにこれだけのメリットがあります!

アートメイクの年間症例数は日本トップクラスの30,000件以上
3Dや4Dを進化させた6Dストローク技術で、『美しすぎる眉』になれる
業界最大手のクリニックで、関東から九州に複数展開している
芸能人やモデルも来院する人気クリニック
FDA認可の安全性が高い染料を使用しているため安心
施術に使用する針をお客様の目の前で開封するなど、衛生面に配慮している
担当アーティストを8つのランクから選べる

自然なアートメイクなので、眉毛を整えたい女性にも男性にもおすすめできます。

そして、関東から九州まで店舗展開しているので、通える範囲にお店があるのも便利でいいですよね…!

紅白出場の大物歌手や冠番組を多数持つ人気芸人など数多くの著名人からも絶大な支持を得ている美容クリニックです。

アートメイクメディカルブローの公式サイトはこちら

実際にアートメークを受けた私の体験からのアフターケア

眉毛アートメイクのアフターケアについては、私が実際にスタッフの方、看護師の方に教えていただいたことや、医師にも相談をしたことがありますので、体験者としてのリアルな解説をしていきたいと思います。

日焼け対策

インクの色褪せの原因の1つとなるのが「日焼け」です。

アートメイクというのは、怪我と同じようなものだと考えておいてください。

私が医師に言われたのが、怪我もそうだけれど、傷跡というのは、日焼けをしてしまうと色濃く残ってしまったり、腫れが出現しやすくなると言われています。

アートメイクを受ける、2週間前からの日焼け対策が必要です。

こまめに日焼け止めクリームを塗ったり、外出時には必ず日傘などで紫外線から肌を守りましょう。

アイブロウや眉マスカラはNG。

眉のアートメイクをした後は、腫れや赤みが出現します。

ダウンタイムは4日〜1週間程度ですが、その間については、眉のメイクについては、アイブロウや眉マスカラはNGです。

その他のメイクはOKですが、メイクオフの際に、クレンジング剤が眉に当たらないよう注意が必要です。

ヒアルロン酸やボトックス注射・ピーリングはNG

ヒアルロン酸やボトックス注射も、顔の輪郭・表情に変化がある美容サービスの一つです。

デザインが崩れてしまう可能性があるため、その後は最低でも1ヶ月は空けてからアートメイクを受けましょう。

同様に、ピーリングは肌のターンオーバーのサイクルが早まり、インクが退色しやすくなります。

施術後1週間は濡らさないようにする

施術後は当然、クレンジングや洗顔を止めるように言われてしまいますが、濡らさないようにも気をつけてください。

その理由はこちらになります。

  • 色素が流れ、せっかく施術を行ったアートメイクの定着が悪くなってしまう為
  • 汚れや菌などで施術部分が炎症してしまう可能性がある

でも、濡らさないと言われてしまうと困ってしまうという人は多いと思いますが、対処法としては、汗は極力かかないようにするということ、入浴はやめてシャワーのみにする、激しい運動は控えるということに気をつけてください。

このダウンタイムの時期に汗をかくような運動や入浴をすると、血行がよくなって出血しやすくなり、腫れが酷くなってしまうなどのトラブルを起こすリスクを高めてしまいます。

また、代謝が上がることで色素が流れ出る可能性もあります。

痒いからといって触ったり擦ったりするのはNG。

定着前に施術した部分を触ってしまうと、アートメイクがまだらになってしまう恐れがあります。

ダウンタイム中少し痒くなってしまうこともありますが、この場合も触ったり、痒いからと言って爪で擦ったり掻いたりしないようにしてください。

シャワーの際に濡らさない方法はどうしたらいい?濡れてしまったら?

シャワーの際にも濡らしてしまいそうでどうしたらいいんだろうって気になっていると思います。

そんな方は、ゴーグルを付けるなどの工夫をしてみてください。

施術箇所に気を遣わず洗髪することができます。

また、私がおすすめされたのが、ラップをするという方法です。

施術部分が隠れるサイズにラップを切って貼り付けるのですが、ポイントはラップを貼る前に施術部分にワセリンを塗布することで、保湿もすることができて、ラップが落ちにくくなり良い感じになります。

もしも濡れてしまったら…どうしたらいい?

少しぐらい水滴がついてしまうのは生活をする上で仕方がないと思います。

人間は汗をかいてしまう生き物ですので、水滴がついた場合は優しくティッシュで拭き取るようにしてみてください。

そして、ドライヤーなどで乾かしたり、こすらないようにタオルでそっと拭うなど工夫してみてください。

まとめ

アートメイクは、代謝によって1~2年かけて少しづつ退色していきますが、やっぱりきれいな形で完成させたいって誰しもが思うと思います。

クリニック選びも大切ですが、実はアフターケアによって、アートメイクの仕上がり感がグンとアップ。

持続を長くするだけではなく、さらに素顔に自信がもてる「すっぴん美人」を目指せます。

また、眉毛でお悩みの方はまずは無料カウンセリングだけでも行ってみることをおすすめします。

アートメイクなら全国展開のメディカルブロー

【アートメイク】メディカルブローなら全国展開ですのでとても通いやすいです!

 

メディカルブローでは「6Dストローク」という新技術を用いた施術が受けられるのが最大の特徴です。

さらにこれだけのメリットがあります!

アートメイクの年間症例数は日本トップクラスの30,000件以上
3Dや4Dを進化させた6Dストローク技術で、『美しすぎる眉』になれる
業界最大手のクリニックで、関東から九州に複数展開している
芸能人やモデルも来院する人気クリニック
FDA認可の安全性が高い染料を使用しているため安心
施術に使用する針をお客様の目の前で開封するなど、衛生面に配慮している
担当アーティストを8つのランクから選べる

自然なアートメイクなので、眉毛を整えたい女性にも男性にもおすすめできます。

そして、関東から九州まで店舗展開しているので、通える範囲にお店があるのも便利でいいですよね…!

紅白出場の大物歌手や冠番組を多数持つ人気芸人など数多くの著名人からも絶大な支持を得ている美容クリニックです。

アートメイクメディカルブローの公式サイトはこちら